FX検証ブログ

~専業を目指して~

5/17

5/17

 

あまりに勝率が低すぎるので一回相場から離れて、自分の手法の検証とトレードの復習を行う時期を入れなければならないと思う。

 

今日からは出来るだけの時間を検証に当てて、その中で自分の判断の何が間違っているのかを明確にし、その中で何を改善するべきなのかを探る訓練をつむ必要がある。

 

その内容に関しては逐一、このブログに記録していく。

 

今は勝てない時期なのかもしれないが、今後勝っていくために、できることを最大限やっていかないといけない。

5/16

5/16

 

優先度判断

AUD/JPY ショート

 

経済指標

21:30 

アメリカ 住宅着工件数*3

アメリカ 新規失業保険申請件数*3

アメリカ フィラデルフィア連銀景況指数*4

 

環境分析

プログラムを走らせる!!↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は祝日or月曜日ですか? はいorいいえで答えてください:いいえ

このツールを使う前に確認します!以下の内容を反芻してください。周りに人がいれば心の中で言いましょう!!

1、損きりは正しい行動だ!

1、目線が違う時はロスカットして、相場と自分の目線が相入れない事を教えてくれている事を自覚しよう

1、相場は悪くない。あくまで優位性の高い手法を使っているだけ。心を落ち着けよう。

1、エントリーする時はZIGZAGでやった事を思い出そう。下がる相場は必ずあげるし、あげる相場は必ず下げる。

上記の文言を反芻しましたか? はいorいいえで答えてください:はい

いいですね。今日もリスクを売買する誇りある職業であるトレーダーを全うしましょう!

各時間軸について、長期、中期、短期のそれぞれの環境認識の結果を記入してください。

入力の仕方は、以下の指示に従いましょう。

ここには長期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

ここには中期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

ここには短期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

環境認識において、長期は下降で、中期は下降で、短期は下降な状態なので以下の行動フローを取りましょう。

こうすることによって一貫性を維持することができます!

10,短期下降トレンドの押し目を狙う。中期のトレンドラインを意識するので、利確幅と損きり幅に気をつけよう。無理なら見送って中期のレジスタンスか長期のレジスタンスまで待とう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※長期を下降に変更した。過去からみて明らかに下降トレンドであったから。

 

日足↓

f:id:Hirokikun:20190516132148p:plain

下降トレンドの中でサポートにタッチしている状況。また、フィボの50%戻しが適応されている場面でもある。

 

4時間足↓

f:id:Hirokikun:20190516132254p:plain

こちらも日足でのサポートタッチが確認されているが、4時間足でのサポートタッチからは外れている。

 

1時間足↓

f:id:Hirokikun:20190516132504p:plain

4時間足の下降トレンドの中で微妙な形をしている。この中でエントリーするのは結構難しくて、以下の画像を参考にしてみたほうがいい。

 

1時間足↓

f:id:Hirokikun:20190516134645p:plain

1時間足の下降トレンドレジスタンスラインタッチを1回目のトライ。

4時間足の下降トレンドレジスタンスラインタッチを2回目のトライ。

とする戦略で行く。

 

エントリーの準備↓

f:id:Hirokikun:20190516172252p:plain

1時間足のトレンドラインサポートと、フィボナッチ61.8(短期)とフィボナッチ78(長い方)が重なっているので、ここでエントリー。

損きりは前回高値。

racio.pyを走らせる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.801

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.389

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.951

今回のリスクリワード比は2.7466666666668638なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ocoを入れておいたので、そのまま放置。

 

1時間足の下降トレンドを崩した

f:id:Hirokikun:20190516180158p:plain

損きり。

 

次は4時間足のトレンドラインとフィボナッチの61.8%タッチを見ていく。

f:id:Hirokikun:20190517000400p:plain
 IFDOCO注文を入れておいた。

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.99

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.401

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:76.214

今回のリスクリワード比は2.6294642857142354なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

5/15

5/15

 

昨日のトレードの続きをそのまま続行する形で行う。↓

f:id:Hirokikun:20190515161724p:plain

15分足の上昇トレンドの中でエントリーした安値に対してボックスレンジを作っている状況。

損きりは下の赤い水平線=前回安値

反対に利確は上の赤い水平線=前回高値

エントリーポイントでの安値で数回支えられているので、サポートとして機能する可能性を考えることができる。

またブレイクすれば、4時間足の下降トレンドラインが傾きを変えたことを確認できるので、そこからまたエントリー判断を下していけばいい。

 

主観的な観測

・現段階で損きりはするべきか?

→するべきでない。なぜなら、トレンドを完全に崩したと判断できるほど、ブレイクしたわけではないから。騙しの可能性を考えると、このままの値でOCOを入れてあるので、そのまま見送りとするのがベスト。

 

・利確ポイントをずらすべきか?

→ずらすべきではない。前回高値としている点で、なんら問題ない。気がかりなのは15分足で転換シグナルっぽいパターンが見られること。しかし、まだトレンドを崩したわけではない。ダウ理論に従うのだから、ルール通り、このまま監視するべき。

 

損きり↓

f:id:Hirokikun:20190515171215p:plain

15分足で前回高値としたところから下降トレンドらしきものが発生していることがわかる。とりあえず、今回は4時間足のレジスタンスまでは戻さなかった。角度を変えた可能性があるので、今日、この通貨ペアをトレードすることになるなら、そのことに留意する。

前回安値に到達したので損きり。これより、本日のトレードへと移行する。

 

 

優先度判断

AUD/JPY ショート

 

経済指標

21:30~23:00 アメリカ 経済指標の嵐*17

 

プログラムを走らせる↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は祝日or月曜日ですか? はいorいいえで答えてください:いいえ

このツールを使う前に確認します!以下の内容を反芻してください。周りに人がいれば心の中で言いましょう!!

1、損きりは正しい行動だ!

1、目線が違う時はロスカットして、相場と自分の目線が相入れない事を教えてくれている事を自覚しよう

1、相場は悪くない。あくまで優位性の高い手法を使っているだけ。心を落ち着けよう。

1、エントリーする時はZIGZAGでやった事を思い出そう。下がる相場は必ずあげるし、あげる相場は必ず下げる。

上記の文言を反芻しましたか? はいorいいえで答えてください:はい

いいですね。今日もリスクを売買する誇りある職業であるトレーダーを全うしましょう!

各時間軸について、長期、中期、短期のそれぞれの環境認識の結果を記入してください。

入力の仕方は、以下の指示に従いましょう。

ここには長期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:レンジ

ここには中期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

ここには短期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

環境認識において、長期はレンジで、中期は下降で、短期は下降な状態なので以下の行動フローを取りましょう。

こうすることによって一貫性を維持することができます!

23,短期下降トレンドの中でショートの根拠を探そう。エントリーするかしないかは、サポートとレジスタンスの兼ね合いから考えよう。無理なら中期トレンドのレジスタンスまで待とう。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日足↓

f:id:Hirokikun:20190515172329p:plain

4時間足↓

f:id:Hirokikun:20190515172346p:plain

1時間足↓

f:id:Hirokikun:20190515172401p:plain

日足ではレンジからおそらく下降へのシフトになっているからトレンドラインを引く音が難しい。

4時間足での下降トレンドはここで一回揉んでいるような印象を受ける。こういう相場では手を出さないほうが賢明なのかもしれない。逆張りとなるので・・

次のエントリー候補は1時間足と、前回安値が重なるところを見込むのが良いと思われる。

 

30分足以下ではトレンドが確認できないので、根拠どころかそもそもエントリーできない。

今の所最高順位でトレンドを確認しているのは4時間足になる。その次に1時間足がトレンドを確認できる。

よってエントリー根拠は1,4時間足での判断を待たなければならない。

エントリー根拠は以下のうちから2つ以上である。

「トレンドライン・サポレジ水平線・サイン・フィボナッチ・パターン」

 

ここからの相場分析

→すでにボックスを作っているが、これから発生すると考えられるパターンは、上昇、レンジ、下降の三つに限られる。

1、上昇の場合

→上昇トレンドの発生が確認できないのでそもそも現段階ではエントリー自体ができない。

2、レンジの場合

→おそらく、ボックスを作ることになるだろう。ボックスレンジなので、下抜けを待とう。またトレンドラインのレジスタンス勢とどのような関係になるのかを確認する機会になるだろう。

3、下降の場合

→今すぐボックスをブレイクするパターン。ボックスのブレイクから、サポート戻しを待って、エントリーするようにしてこう。

 

この三つの考え方を持てていれば、どんな相場になっても対応することができる。

安心してトレードしよう。

 

現行チャート↓

f:id:Hirokikun:20190515200338p:plain

パターン3の下降になった。こうなった場合にとるべき行動は、ボックスのサポートに引きつけてショート選択。

リスクリワードに関してプログラムを走らせる。↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パターン番号を記載してね:23

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.724

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.34

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.794

今回のリスクリワード比は5.485714285714825なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

根拠→トレンドラインのフラッグブレイク&ボックスブレイク。からの前回安値をブレイク。4時間足サポレジブレイク。根拠は2つ。

パターンとサポレジブレイク(=前回安値)

 

IFDOCO注文でボックスサポートに対して戻り売りを仕掛けるトレードの注文を出した。これで今日のトレードは終了。

多分これからエントリーポイントの誤差とかの問題に入っていくことになるのだと思う。今回は入れないのであれば、それは入れないものとして次のトレードに活かすしかない。だから、注文通りにやらないといけない。

むしろ、今情報がたくさんあって、気づいたこともたくさんあってそれでもトレードをしているのだから、それらの気づきを具体化した時に、本来であれば入ってはいけないようなパターンなのかもしれない。だから落ち着いて待とう。チャンスを逃しても、また現れるから大丈夫。

5/14

優先度判断

AUD/JPY ロング

 

経済指標

21:30

アメリカ 輸入物価指数*2

 

他にもたくさん経済指標はあるが、自分の取引する通貨ペアとNY時間を重要視するので、アメリカに関してのみの指標をここでは記入する。

 

 

環境認識

f:id:Hirokikun:20190514140849p:plain

日足

→下降トレンドで、一度売りの押し目をつけた後の相場。おそらく下がっていき、トレンドラインのレジスタンスタッチをしていくだろう。

 

f:id:Hirokikun:20190514140905p:plain

4時間足

→下降トレンド。サポートにタッチしていると考えられるので、フィボナッチを当ててみると、4時間足の下降トレンドの前回安値の水平線を重なるところがある。

ここと下降トレンドラインのレジスタンスの重なりをみて、3つの抵抗帯が存在すると言える。この時間軸の目線だと、ショート戦略なので、ここまで待つ戦略。

 

 

f:id:Hirokikun:20190514140917p:plain

1時間足

→ここも下降トレンド。4時間足のレジスタンスまではかなり距離があるので、ショート戦略に移行するのは日をまたいでからになる可能性が高い。

 

環境分析まとめ

日足→下降トレンド

4時間足→下降トレンド

1時間足→下降トレンドのサポート戻し

 

 

それ以下の時間軸

30分足

→下降トレンドの中で短期の上昇トレンドが発生している。

f:id:Hirokikun:20190514142058p:plain

15分足

→上昇トレンドの中にダブルトップ的な形の形成を見ることができる。しかし、でかい抵抗帯が存在するので、ここでのエントリーは、揉む可能性を考慮すると、損きり条件にかかりやすくなる可能性が高い。しかし、もし突破するのであれば、ボックスブレイクとも見ることができるだろう。経験則的には、こういう上げ方をすると、一回下げる可能性が高いことが多い。

f:id:Hirokikun:20190514142134p:plain

5分足

→上昇トレンドの中でのボックス形成。一度ここでの抵抗帯(=4時間足の前回安値、フィボ30%)突破をすれば、ボックスレジスタンスに引きつけて、ロングエントリーしてすぐに利確する戦略。

→上昇トレンドの中でのボックス形成で、これは15分足で見ればダブルトップ的な形になっている。だから下のネックラインをブレイクしたら、ボックスサポートに引きつけて、ショートエントリー。

上記の2つを戦略とするが、すぐに利確することが条件となる。

f:id:Hirokikun:20190514142358p:plain

 

 

騙し部分↓

f:id:Hirokikun:20190514155526p:plain

パターンだけの騙し。結局このままボックス継続。

 

 

 

行動指針

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は祝日or月曜日ですか? はいorいいえで答えてください:いいえ

このツールを使う前に確認します!以下の内容を反芻してください。周りに人がいれば心の中で言いましょう!!

1、損きりは正しい行動だ!

1、目線が違う時はロスカットして、相場と自分の目線が相入れない事を教えてくれている事を自覚しよう

1、相場は悪くない。あくまで優位性の高い手法を使っているだけ。心を落ち着けよう。

1、エントリーする時はZIGZAGでやった事を思い出そう。下がる相場は必ずあげるし、あげる相場は必ず下げる。

上記の文言を反芻しましたか? はいorいいえで答えてください:はい

いいですね。今日もリスクを売買する誇りある職業であるトレーダーを全うしましょう!

各時間軸について、長期、中期、短期のそれぞれの環境認識の結果を記入してください。

入力の仕方は、以下の指示に従いましょう。

ここには長期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

ここには中期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

ここには短期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:上昇

環境認識において、長期は下降で、中期は下降で、短期は上昇な状態なので以下の行動フローを取りましょう。

こうすることによって一貫性を維持することができます!

11,短期上昇トレンドの中で根拠を探し、中期下降トレンドラインのレジスタンスまでの利確幅等を考えてトレードしよう。無理なら、中期下降トレンドのレジスタンスまで待とう。

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:76.254

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:76.385

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:76.197

今回のリスクリワード比は2.2982456140350047なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:Hirokikun:20190514161929p:plain

ボックスのレジスタンスでロングを入れたいので、買い指値を76.254に準ずる値で入れた。決済はE計算で、損きりはいつものやつ。

上記の通りリスクリワードは大丈夫なのでエントリーを予約した。

また、ここでエントリーできないのであれば、見送りは仕方ない。じゃないと追っかけで入ることになるので。これを許容するとだめ。

 

想定どおり下げてきたのでボックスレジスタンスタッチでエントリー↓

f:id:Hirokikun:20190514163332p:plain

利確目標はトレンドラインレジスタンスタッチ。または、サインでやめ時を見極める。

 

1回目損きり↓

f:id:Hirokikun:20190514164632p:plain

ボックスが騙しだった。次のエントリーポイントでもボックスブレイクでエントリーする。

 

今日のこれまでの考え方

→長期時間軸では下降目線。なので本来であれば下降トレンドに準じたトレードをするべき。しかし、下降トレンドの高値切り下げポイントまでにかなり距離がある。そして、短期では上昇トレンドを確認することができる。ゆえに、ここまでの差をロングで根拠を明確にしてトレードする戦略を立てている。その中でボックスブレイクをしていったので、ブレイクに合わせて戻りの押し目買いを実行したが、損きり条件にかかったので損きりした。

また、チャンスがあればエントリーする。

見送る時間はきちんと見送って、他にやることを進めよう。

 

2回目のエントリー↓

f:id:Hirokikun:20190514214738p:plain

そもそも引いていた15分足のトレンドラインとフィボナッチの70%が重なっていたのでエントリー。

ここから元々の上昇トレンド前回高値が利確ポイント。反対に前回安値が損きりポイント。リスクリワードは1:3なので根拠は大丈夫。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パターン番号を記載してね:11

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.92

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:76.290

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:75.776

今回のリスクリワード比は2.5694444444443785なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

確認のために根拠

→トレンドラインサポート+フィボナッチ61%をすぎた後の70%との兼ね合い。

あとはocoで入れたのでのんびり確認する。仮に前回安値に到達してしまえば、確実に上昇トレンドは崩れたので、今日の相場は見送る。

 

また、4時間足のレジスタンスタッチで下げる可能性があるので、そこはIFDocoを入れておく↓

f:id:Hirokikun:20190514215134p:plain

75.582のところでトレンドラインレジスタンスとフィボナッチの61%とR1と1時間足のサポレジがあるので、そこでエントリーして、利確は前回安値、損きりは-22pipsを見込む。確認は明日行う。

 

昨日の結果について記載しておく。

f:id:Hirokikun:20190515123318p:plain

左側のトレンドラインのレジスタンスに対してロングエントリーを仕掛けていったが、一度ボックスのサポート付近で跳ね返されて落とした感じになった。

幸い、前回安値に達してはいないので損きり条件にはならなかったが、対応が難しいと感じる。

このまま保持するべきかを以下の検証画像として掲載するので、決済が確定したら確認することにする。↓

f:id:Hirokikun:20190515123843p:plain

ローソク足の本数に差がないので、これはトレンドの継続性を保持している状態と理解するのが適当な判断である。

よって、このまま様子見をする。利確ポイントを前回高値としたが、これの位置を動かすかどうかは別途結果が出て決済条件にかかってから考える。

またフィボナッチを当ててみたものも確認したいので掲載してみる、

61.8%の部分で重なりが見られる部分に決済ポイントを写すべきか?

 

 

問題は、昨日のポジションを持ち続けていることから、本日のエントリー判断をどうするのか?という問題。

昨日のトレードは昨日のものと判断してトレードするべきと考えるが、ここの判断は資金管理の部分から考えていく必要があると感じる。

無駄な検証はしない~知識と今までの経験を総結集vol,2~

6/29

日足での写真でみる環境認識

→前日では特にトレンドが発生していたことを確認することができないが、夜のうちに大きく動いたので、MT4で日付を跨いだ時点で上昇トレンドを1時間足で確認することができる。

また、29日に監視を始めた瞬間に6点目を形成し、4時間足の水平線(サポレジ)にあてていることがわかる。そのため、もう一度落ちるのか?それともブレイクしに行くのか?を考えることができる。4時間足の上昇トレンドラインはまだ見えていないので、それを根拠にしたトレードはできない。

f:id:Hirokikun:20190513185845p:plain

日足→下降トレンド

4時間足→レンジ

1時間足→上昇トレンド

30分足→以下の時間軸では、押し目に達するまでのタイミングを探る。遠ければ、そこに達するまでの戦略も考える。短期時間軸では、買いの押し目を探りに行くイメージになるだろう。監視していてもダブルトップにはサインが出ない関係でエントリーはできない。

15分足→上記に従う

5分足→上記に従う

 

 

まず考えられるのは、15分足等で確認できるダブルトップの形。

しかし、以下の画像を見れば、ショートエントリーは見送らざるを得ない。

15分足↓

f:id:Hirokikun:20190513191531p:plain

いかにも!!!!な形に見えるし、ネックラインブレイク部分で入れる!!と思うだろう。しかし以下の5分足の画像を見てみよう!

f:id:Hirokikun:20190513191647p:plain

この落とし方は無理がある。エントリーは見送るのがベスト!!!

 

こうなると、監視しながら買い押し目を探っていく戦略となる。

どこが押し目になるか?トレンドが急激に安値を上げてしまっているため、角度を変えたなとみなすことができるだろう。

ただどのくらいまで角度を変えたとみなす??色々な根拠を探してみよう!!!

f:id:Hirokikun:20190513192641p:plain

1時間足の水平線が2本引くことができた。これと、フィボナッチを組み合わせると、5点目から引いたものの50%返しと重なったところで機能していることがわかる。

また、ここでは5分足ですらサインは出ていない。

根拠は水平線とフィボナッチ、そして5分足で生じている上昇フラッグブレイク、さらに確認できる1時間足での上側の水平線、そして1点目から引いたフィボの23.6%返しが重なる部分のサポートを吟味して上昇すると判断する。

 

サインとパターンでのエントリーポイントを発見したので、その時に取る行動としてコードを実行した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は祝日or月曜日ですか? はいorいいえで答えてください:いいえ

このツールを使う前に確認します!以下の内容を反芻してください。周りに人がいれば心の中で言いましょう!!

1、損きりは正しい行動だ!

1、目線が違う時はロスカットして、相場と自分の目線が相入れない事を教えてくれている事を自覚しよう

1、相場は悪くない。あくまで優位性の高い手法を使っているだけ。心を落ち着けよう。

1、エントリーする時はZIGZAGでやった事を思い出そう。下がる相場は必ずあげるし、あげる相場は必ず下げる。

上記の文言を反芻しましたか? はいorいいえで答えてください:はい

いいですね。今日もリスクを売買する誇りある職業であるトレーダーを全うしましょう!

各時間軸について、長期、中期、短期のそれぞれの環境認識の結果を記入してください。

入力の仕方は、以下の指示に従いましょう。

ここには長期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:下降

ここには中期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:レンジ

ここには短期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:上昇

環境認識において、長期は下降で、中期はレンジで、短期は上昇な状態なので以下の行動フローを取りましょう。

こうすることによって一貫性を維持することができます!

16,短期上昇トレンドで明確なトレンドが発見できるのであれば、エントリー可能。しかし、根拠は明確に!

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:81.776

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:82.177

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:81.758

今回のリスクリワード比は22.277777777777516なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結果的には10pipsで損きり。

それ以降は時間切れ。

 

感想

・パターン16は訂正する必要がある。

訂正後

→短期上昇トレンドでエントリーできるならエントリー。しかし、ダメなら中期の押し目まで待とう。

・サインの発生を待つと確実性は上昇するように感じるが、勿体無い部分もある気がする。ライントレードとして適切な部分も探りたい。損きり幅が小さくなるならそれでもいいよね?それがうまくいかなければ2回目にサインを待とうとも考えられる。

ただこれをやるためには相当数の経験をこなして、トレンドラインと水平線を引くプロにならないといけないね。

無駄な検証はしない~知識と今までの経験を総結集vol,1~

一つ一つの相場に対する検証をしっかりとやるために、それぞれのパターンに関して、ブログに一記事ずつ起こしていくスタイルをとります!!

 

皆さんのトレードの参考にもしてみてください!!

 

6/28 木曜日

環境分析

f:id:Hirokikun:20190513172330p:plain

日足→レンジ

4時間足→レンジ

1時間足→レンジ

30分足→レンジ

15分足→レンジ

5分足→上昇トレンド確定↓

f:id:Hirokikun:20190513182900p:plain

プログラムを走らせる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は祝日or月曜日ですか? はいorいいえで答えてください:いいえ

このツールを使う前に確認します!以下の内容を反芻してください。周りに人がいれば心の中で言いましょう!!

1、損きりは正しい行動だ!

1、目線が違う時はロスカットして、相場と自分の目線が相入れない事を教えてくれている事を自覚しよう

1、相場は悪くない。あくまで優位性の高い手法を使っているだけ。心を落ち着けよう。

1、エントリーする時はZIGZAGでやった事を思い出そう。下がる相場は必ずあげるし、あげる相場は必ず下げる。

上記の文言を反芻しましたか? はいorいいえで答えてください:はい

いいですね。今日もリスクを売買する誇りある職業であるトレーダーを全うしましょう!

各時間軸について、長期、中期、短期のそれぞれの環境認識の結果を記入してください。

入力の仕方は、以下の指示に従いましょう。

ここには長期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:レンジ

ここには中期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:レンジ

ここには短期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:上昇

環境認識において、長期はレンジで、中期はレンジで、短期は上昇な状態なので以下の行動フローを取りましょう。

こうすることによって一貫性を維持することができます!

25,階段パターンが当てはまるかもしれません。それ以外だったらトレードするのはかなり困難でしょう。それでもやるなら中期の水平線までの利確幅と短期上昇トレンドの兼ね合いを計ろう

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:80.915

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:80.72

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:80.96

今回のリスクリワード比は4.333333333334702なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結果 5分足のトレンドラインレジスタンスタッチを狙って、約-6pips程度の損きり。

これ以降はトレンドが明確に出ないので終了。

 

感想

→利確ポイントを早めにするべきだったかもしれない。やはりトレンドが短い場合が多いのでそうする判断がベストだったように感じる。

無駄な検証はしない~知識と今までの経験を総結集vol,1~

一つ一つの相場に対する検証をしっかりとやるために、それぞれのパターンに関して、ブログに一記事ずつ起こしていくスタイルをとります!!

 

皆さんのトレードの参考にもしてみてください!!

 

6/28 木曜日

環境分析

f:id:Hirokikun:20190513172330p:plain

日足→レンジ

4時間足→レンジ

1時間足→レンジ

30分足→レンジ

15分足→レンジ

5分足→上昇トレンド確定↓

f:id:Hirokikun:20190513182900p:plain

プログラムを走らせる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は祝日or月曜日ですか? はいorいいえで答えてください:いいえ

このツールを使う前に確認します!以下の内容を反芻してください。周りに人がいれば心の中で言いましょう!!

1、損きりは正しい行動だ!

1、目線が違う時はロスカットして、相場と自分の目線が相入れない事を教えてくれている事を自覚しよう

1、相場は悪くない。あくまで優位性の高い手法を使っているだけ。心を落ち着けよう。

1、エントリーする時はZIGZAGでやった事を思い出そう。下がる相場は必ずあげるし、あげる相場は必ず下げる。

上記の文言を反芻しましたか? はいorいいえで答えてください:はい

いいですね。今日もリスクを売買する誇りある職業であるトレーダーを全うしましょう!

各時間軸について、長期、中期、短期のそれぞれの環境認識の結果を記入してください。

入力の仕方は、以下の指示に従いましょう。

ここには長期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:レンジ

ここには中期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:レンジ

ここには短期の分析を、上昇or下降orレンジのいづれかで記入してね:上昇

環境認識において、長期はレンジで、中期はレンジで、短期は上昇な状態なので以下の行動フローを取りましょう。

こうすることによって一貫性を維持することができます!

25,階段パターンが当てはまるかもしれません。それ以外だったらトレードするのはかなり困難でしょう。それでもやるなら中期の水平線までの利確幅と短期上昇トレンドの兼ね合いを計ろう

ここにエントリーポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:80.915

ここに決済ポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:80.72

ここに損きりポイントとなる数値を1pips単位で記入してください:80.96

今回のリスクリワード比は4.333333333334702なので、大丈夫です。リスクを恐れず積極的にトレードしましょう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結果 5分足のトレンドラインレジスタンスタッチを狙って、約-6pips程度の損きり。

これ以降はトレンドが明確に出ないので終了。

 

感想

→利確ポイントを早めにするべきだったかもしれない。やはりトレンドが短い場合が多いのでそうする判断がベストだったように感じる。